本文へ移動

「麗宝」その他製品のご愛飲者の声、そして声〈抜粋〉

女性 93才 【1日量:麗宝 2本+ピンポイント塗布】

 NEW!! 
飲用前
年齢的にしかたないとも思うが、実の子供(自分)の顔を見て、「あなたどなた?」と言われるのは正直きついものがあった。90才まで自転車を乗り回していた母とはとても思えないほど急激に年老いてきた。まだ徘徊しないだけましだと思うが、足はもたつくようになり、ろれつが回らなくなってきた。
 
飲用後
知人の勧めで「麗宝」を飲ませ始めた。1カ月もしないうちに顔色が良くなってきて元気になったようなので、もう少し継続してみようと会社に連絡した。そのときに少量を手のひらにとってそれを盆の窪のところに叩くように塗布してあげて、と言われ、飲んだ後にトントンとやっていた。
2カ月目にはいると、驚いたことに、元気な時のように脚が上がるようになってきて、言葉も増えてきて話をするような変化が起こり始めた。
3カ月が経過。一人歯医者に行けるほどになった。 これからも継続して飲ませ続けようと思う。

女性 58才 【1日量:麗宝 2、3本】

 NEW!! 
飲用前
若いころから高血圧のため、かかりつけの先生から、「あなたは一生私(医者)と薬から縁が切れないですよ」と言われていた。耳鳴りもひどく、高血圧の合併症で治療法がないため慣れるしかないとも言われた。
また、いきなり呼吸困難を起こすことがあったので、大きな病院に6年通院していた。気管支拡張剤(吸入薬)を手放せなかったが、過去に、ゴルフのラウンド中に呼吸できなくなって、吸入剤でも治まらず救急車の中で呼吸が止まることが4回もあった。
 
飲用後
『麗宝』を飲み始めて20年近くになる。血圧は飲み始めて2年目で正常になったので主治医の先生に、「薬と先生と、縁が切れましたね」と話して笑ったことを思い出した。
また、『麗宝』を飲み始めてからは、何度ゴルフに行っても呼吸が乱れるようなことは一度もなく、気付いた時には、耳鳴りも全然しなくなった。それを主治医に話すと、「体質が変わったのかな?」と首をかしげるだけ。「私としては結果オーライ」だ。

女性 58才 【1日量:麗宝 2本 + 塗布】

 NEW!! 
飲用前
仕事の過労と、主人の看病とで寝不足が続いたことが引き金になったようで、1ヵ月半の間、毎日午前1時過ぎるとから4時の激しい頭痛(左側)に襲われ、嘔吐を繰り返すので病院から貰う薬を飲んでも効いた感じがしなかった。そんな日々が1ヵ月半続いた。ようやく激しい痛みは軽くなったが、すっきりしない日々が続いていた。MRI検査では、血管腫と思われる白い影があるが悪性ではないので様子見と言われた。
 
飲用後
病院の痛み止めを飲んでも治まらないのにと思ったが「藁にもすがる思い」で『麗宝』を飲みはじめた。
朝晩1本ずつ飲用し、容器に残った液を手の平に取って、左のコメカミと左耳裏側に原液のまま塗ったところ、3日目の朝、ぐっすりと眠れてすっきりと目覚めることができた。それからは、あの吐きながら痛みに耐えていた日々がうそのように快調となった。もっと早くに『麗宝』を飲んでおけばよかったと思う。

男性 29才 【1日量:麗宝 2本】

 NEW!! 
飲用前
中学生のときに全身にアトピー症状が発症。皮膚科を受診し飲み薬と塗り薬を貰ったが、一向に症状改善せず。受験前にはストレスのせいか、さらに悪化。椅子に座って首や背中を少し曲げただけで皮膚が裂けて出血するほどになってしまい座って勉強もできなかった。漢方医の親戚に相談したところ知り合いのお嬢さんが『麗宝』を飲んで綺麗になったのでと勧められた。
 
飲用後
5月ごろから2本ずつ飲み始めて徐々に痒みや症状が軽くなりはじめ、12月にはすっかり症状が無くなり、首から背中も綺麗に治った。体を動かしても皮膚が裂けるようなことはなって、受験勉強ができるようになり、おかげで第一志望に合格した。
その後も、体調管理を兼ねてずっと「麗宝」は飲用しているので症状発症せず。友達にアトピーで悩んでいる子がいると人事とは思えず、「麗宝」を勧めている。

男性 36才 【1日量:麗宝 3本】

 NEW!! 
飲用前
以前、胃けいれんを起こした時に激しく吐血し、輸血したことがあった。最近体が異常にだるく仕事に支障が出るようになったため精密検査を受けたところ、C型肝炎と診断された。AST、ALTは共に500を超えていたため1ヵ月後にインターフェロン治療の予約をした。
 
飲用後
『麗宝』を飲み始めてから2週間ほどで体のだるさがすっかりなくなった。同僚から「土色だったけど顔色が元に戻った」とも言われた。血液検査の結果では、AST、ALTが正常値となり、次の週からスタートする予定だったインターフェロン治療は中止になった。担当した医者が「何の薬も治療もせずにこんなに早く好転した人を見たことがない」と言っていた。

女性 58才 【1日量:麗宝 1日2本】

飲用前
飼い犬4頭のうち、痴呆症になった犬と心臓・腎臓を悪くした犬2頭の面倒をみることが最優先で、朝起きても膝が痛くて立ち上がれず、張って面倒をみていた。
2頭とも一時的に飛び回れるほどに回復したのだが、高齢だったため2頭とも最後を見届けた。
 
飲用後
いつも大変お世話になります。2頭の犬がなくなってから、ようやく心身ともに落ち着きを取り戻したようです。今私が『麗宝』を毎日飲んでおります。膝が大変悪く立ったり座ったりに痛くて難儀しております。5日ばかり飲んだところ、痛みがうそのように和らぎました。犬の散歩も大変楽になり喜んでおります。しばらく飲んでみようと思います。またよろしくお願いいたします。(着信メール原文のままを掲載)

女性 57才 【1日量:麗宝 1日2本 + 点眼】

飲用前
5年前に脳幹出血を起こし、半身麻痺などの後遺症はなかったが、右眼の眼底出血がひどく、わずかに光を感じられる程度で失明寸前だった。先生からは、これ以上は治療しても視力回復は見込めないと宣言された。左眼は大丈夫だったが、車を運転する時は眼鏡を欠かせなかった。
 
飲用後
昨年夏に撮った眼底の写真では血管が黒く写り、大きな出血個所があった。眼鏡をかけると、目の横が痛苦しくなるので10カ月ぶり眼科に行き検査してもらったら、先生が驚いて、「Oさん何をしたの?(眼底が)すごくきれいになってる。これなら見えるでしょ?」と視力検査すると視力はそれほどでもないがカラーが分かるようになっていた。先生曰く、「奇跡がおきた!」眼が痛くなったのは悪くなったのではなくて、目が良くなって、度のきつい眼鏡が合わなかったためだった。

女性 57才 【1日量:麗宝 1日2本 + 精華田七 8粒】

飲用前
両腕がしびれて、台所で年中包丁を落としていた。斉一検査の結果、頸椎変形症という診断。手術しても治らないかもしれないと言われた。
 
飲用後
首の骨の変形は治らないとしても、痺れが軽くなればと飲用を開始した。飲み始めは変化を感じなかったが、2週間目あたりから、手の指先が暖かく感じるようになってきて、徐々に痺れも軽くなってきた。2カ月後にはほとんど気にならない程度に改善した。

女性 43才 【1日量:麗宝 1日5本 + 冬虫夏草 20粒 + 精華田七 8粒】

飲用前
眼が霞み、コメカミの奥に激しい痛みがあったので精密検査したところ、脳腫瘍の可能性があると専門病院を紹介された。その病院の診断では、ガンは左眼の奥のほうにあって、6cm大の悪性腫瘍で、これが神経を圧迫して失明寸前だった。
また、感覚神経も圧迫されているようで足が氷のように冷たいのに自分では感じなくなっていた。
主治医は、「残念ながら現代の医学では治療方法がないので、ご家族で残った時間(およそ半年)を有意義に過ごしてください」と言われ、入院せずに帰宅した。
夫と話し合い、まだ死ぬわけにはいかないので、ガンを克服した知人に相談することにした。そこで『麗宝』と『冬虫夏草』『精華田七』を紹介された。
 
飲用後
『麗宝』、『冬虫夏草』、『精華田七』を飲み始めて2週間が過ぎたころ、今まで何も感じなかった足が暖かく感じるようになってきたことに驚いた。頭痛もたまに感じるという程度になり、病院の痛み止めもほとんど使わなくていいようになった。
「症状がかるくなってきた」と病院に報告に行き、精密検査を受けたところ、先生が「不思議だ、腫瘍が縮小している。何かしましたか?こんなこと経験したことがない」と首を傾げていた。
それから3カ月後、眼が霞んだり頭が痛くなることが無くなった。主治医から「この大きさならγ-ナイフ(放射線)で対応できる。多分大丈夫でしょう」と言われ、嬉しさで大泣きしてしまいました。

女性 65才 【1日量:麗宝 1日5本 + 冬虫夏草 15粒】

飲用前
全身のあちこちの痛みがひといので近くの病院で検査を受けたら、その結果をみて先生が、大きな病院を紹介しますからそちらでもう一度精密検査を受けてください、と言われた。
翌日大学病院に行くと、その日のうちに何種類もの精密検査を受けた。1週間後の検査結果はご家族も一緒に来るように言われ、主人と一緒に病院を訪ね、結果を聞いて愕然とした。
「ガンです。それもかなり進行してます。肺、肝臓、そして甲状腺にガンがあります。さらにひどい頭痛は脳に腫瘍があるためです。手術するのは分散しているので難しい」
 
飲用後
大学病院で精密検査を受けたあとで、積極的な治療はないようなので、知人の紹介で『麗宝』と『冬虫夏草』を飲むように勧められ、藁をもすがる思いで飲み始めた。
2か月が過ぎて、日毎に体調も良くなり、痛みもかなり軽くなったので、進行状況を確認しようと病院で再検査を受けたところ、主治医から「脳腫瘍、甲状腺、そして肺に病巣が見当たらない。不思議なことだけど、消えましたね。何も治療しないで脳腫瘍が消えた例はこの病院では過去に一人もいない。肝臓も小さな影が二つ三つある程度だから、3カ月に1回は外来を受診してください」と言われた時は、自分の耳を疑った。

男性 64才 【1日量:麗宝 1日4本 + 冬虫夏草 15粒 + 精華田七 10粒】

飲用前
ヘビースモーカーだったので家族から「肺ガンになるよ」と言われていたのだが、本当に現実になってしまった。
検査結果は肺ガン2期。ベッドが空き次第に入院して手術することになった。手術の事前検査の24H心電図で異常がみつかり、専門医のいる病院で1日検査入院することになった。
手術後には、MRSAのため重い肺炎になり、生死の境目をさまよっていた。
 
飲用後
心臓の検査入院をする2日前に『精華田七』が届いたので『麗宝』と『冬虫夏草』とを一緒に飲み始めた。
シンチ他の検査結果は「異常なし」だった。ほっとしたときに気付いたが、右足の静脈瘤が綺麗になっていた。また、肺ガンだと言われてからもずっと元気だし、食欲はあるから体重は2kg太っていた。手術は念のためということで右肺の3分の2とリンパ節を切除した。
術後、MRSAで肺炎をこじらせ、胸膿まで出るまで悪化した。十中八九助からないと言われたが10日後に無事退院できた。『麗宝』と『冬虫夏草』、そして『精華田七』を入院中も欠かさず飲んでいたこと以外には考えられない。

男性 65才 【1日量:麗宝 1日4本 + 冬虫夏草 15粒】

飲用前
おしっこの出が悪くなったので歳のせいだと思っていたが、検査をしたら前立腺にガンがあるからすぐに手術が必要だと先生から言われた。
 
飲用後
手術をするのは正直怖かったが、どうせ手術するなら「前もって飲んでいたほうが絶対にいい結果になる!」と親友が勧めてくれたので『麗宝』と『冬虫夏草』を飲み始めた。 普段、痛みがないのでついつい億劫になって3カ月経ってしまってから病院に行って検査を受けたところ「心配いりません。大丈夫です。なぜか病巣は無くなってます」と先生と一緒にキツネにつままれたように苦笑いしていた。

女性 80才 【1日量:麗宝 1日1本 + 日に3、4回 点眼】

飲用前
視力が0.03しかないので殆ど見えず、掛かり付けの先生に紹介状をいただき、大きな病院の眼科で診てもらったところ「10日後にもう一度来てください。その時に手術の日取りなどを決めたいのでご家族と一緒に来てください。」と言われた。
 
飲用後
病院に行く1週間前に、目に凄くいい『麗宝』を勧められたので試してみることにした。1日1本ずつ飲み、残った液を眼に点眼するようにした。すごくしみたが1回だけでも明るく見えるようになったので毎日続けてみた。
10日後に家族と一緒に病院に行って診察を受けたら「眼はどうです。見えてませんか?この状態なら慌てて手術しなくても大丈夫です。しばらく様子をみましょう。外来に月に1回来てください」と言わて、手術をしなくて済んだ。

女性 14才 【1日量:麗宝 1日3本】

飲用前
中学で運動部のマネージャーをしているが、月に何度かてんかん発作がおこり、周りの人に迷惑をかけていた。
ただ、病院からもらう薬を飲むと吐き気やめまいがするので、体調がよさそうなときには飲まないようにしていた。
 
飲用後
『麗宝』を飲み始めてから、気持ちがゆったりした感じになってきた。これはなんか違うなと思ったので続けて飲むことにした。
病院のてんかんの薬を中止して『麗宝』だけ飲むようにしてから3カ月が過ぎたときに、定期検査のために病院に行った。脳波を取ったら、先生が技師の人に、おかしいのでもう一度セッティングからやり直して、ということでもう一度取り直した。
もう一度結果をみて、「てんかん波が消えてる!なぜだろう?」と先生に言われて、『麗宝』のせいだ、と確信した。

男性 46才 【1日量:麗宝 1日2本】

飲用前
晩酌で毎日焼酎を1本飲む。右背中と右胸の下に常に鈍痛があった。
 
飲用後
『麗宝』を飲み始めてから3週間目あたりで鈍痛が解消した。肝臓の腫れもなくなり血圧も正常に下がった。

女性 56才 【1日量:麗宝 3本】

飲用前
腎臓ガンで片方の腎臓を切除したあと、毎週インターフェロンを注射しに病院に行くが、その日から数日間は高熱と吐き気が辛く、身の置き所がないほどの苦しみが何年も続いていた。
また血圧も高く、10年以上、血圧を薬を続けていた。
 
飲用後
『麗宝』を飲んだ翌日にインターフェロンを打ったが毎回苦しめられていた、あの「苦しみ」はなく、ぐっすりと眠れた。翌朝も目覚めが良くすっきりしていた。不思議だったが吐き気もなく熱もない。 3か月経つと、こんどは血圧が正常になってきて弱い薬に変わった。半年目には血圧の薬をやめて様子をみましょう、と言われ。その翌々月の件健診では血圧の薬は必要ない状態なので、また上がったら出すようにします、と言われた。

女性 43才 【1日量:麗宝 3本 (朝昼晩)】

飲用前
ガンの再発が心配。腰痛と肩こりは慢性的。寒くなると手の指が強張って痛む。肌はガサガサ。
 
飲用後
『麗宝』の免疫力向上に期待して飲用開始。
1カ月後:顔のシミが薄くなってきた。
3カ月後:腰痛がうそのように楽になって、肌が見違えるようにきれいになった。
4カ月後:肌寒い季節になったが、指が痛んだり強張ったりすることがなかった。
乳ガンの手術を受けて12年目の検査でも再発なし。同じ乳ガンで手術した他の人たちは顔色が悪くて、体調がすぐれないようだが、私は非常に元気なので、「なんであなたは元気なの?」と聞かれる。

女性 39才 【1日量:麗宝 朝2本】

飲用前
外出することさえも嫌なくらい、疲れていて動きたくない。
 
飲用後
3日目の朝、目が覚めたとき、自分の体ではないように軽く感じた。1日が快適に過ごせるので今では『麗宝』が欠かせない。

女性 22才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
顔に湿疹が出ていてとてもかゆい。いろいろな化粧品を試したがどれも合わなくてすぐにかぶれる。
12月(2カ月後)に結構式を控えているので、それまでにせめて化粧ができるようになりたい。ブライダルエステに行って相談したが(私の顔の湿疹を見て)難しいし、2か月では時間が足りないと言われ諦めた。
 
飲用後
病気の問屋と言われていた親戚が『麗宝』を飲んですっかり元気になった。その親戚に勧められたので試しに飲み始めた。
飲用後数日で痒みがなくなって湿疹が少なくなってきた。症状は日毎に良くなって、1カ月後には湿疹がほとんど目立たない程度に消えていた。試しに薄く化粧してみたがかぶれなかった。結構式に間に合ってとても嬉しい。

女性 13才 【1日量:麗宝 3本】

飲用前
幼稚園に入ることに治っていたアトピーが再発。全身が黒ずんで湿疹と痒みがひどくなってきた。血が滲みだすほどに掻きむしっていた。
 
飲用後
初めは『麗宝』を1日3本ずつ飲用。1週間ほどで痒みが止まった。3週間目には地肌が肌色に戻り始めて、湿疹も少なく、小さくなってきた。

女性 44才 【1日量:麗宝 3本 (朝昼晩)+アトマイジング】

飲用前
左右の頬に大きな、厚みのあるケロイド状のシミがあった。範囲が広い(大きい)ためレーザー治療も無理で、残る方法は皮膚移植しかないと言われた。
 
飲用後
2カ月後には化粧で隠せるほどに薄くなった。化粧のノリもよくなり、すべすべな肌になって若返ったようだ。皮膚移植を受けずに済んだので、精神的にも経済的にも満足している。

女性 33才 【1日量:麗宝 2本 + 点眼】

飲用前
目が乾き、いつも目薬をさしていた。夕方にはものがかすんで見えるほど目が疲れる。
 
飲用後
夕方になっても目の疲れを感じず、すっきりとしている。かすむこともなくなった。

男性 58才 【1日量:麗宝 2~3本】

飲用前
3年前に胃潰瘍を指摘され、定期健診を受けていたが、昨年、差し込むような痛みがあったのでもしやと思ったらガンが発見された。それも、かなり悪質で難し手術だと言われた。特に幽門部のガンは胃を突き破って膵臓やリンパ節に転移。結局、胃を全部と、胆のうと脾臓、そして膵臓の半分を切除する大手術を受けたが、新派節までは取り切れなかった。今後も経過観察のために病院に定期的に通院しなければならなかった。
 
飲用後
ガンと診断されてから、免疫力を高めることが最重要であると先生からも言われたので、知人の紹介で『麗宝』を飲み始めた。そのため、手術前まで元気で痩せもせず体力を維持していた。
手術後は、経過が良好、かつ驚くほど傷口の回復が早い。主治医の先生も「奇跡的な回復力だ」を驚いていた。
術後4年が経ち、すっかりよくなったので『麗宝』はたまに飲む程度になった。
術後6年目には、肝臓にガンが再発。すでに末期であり、本人が手術を拒否、その半年後に自宅で家族に見守られ、苦しまず眠るように永眠した。

男性 63才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
胃に大小多数のポリープができたために、1カ月後に手術することになった
 
飲用後
手術数日前野検査では、ポリープが縮小していたので、もうしばらく様子を見ましょう、と言われ手術延期。
半年後には小さなポリープが2つだけになったので内視鏡で取ることができた。

女性 41才 【1日量:麗宝 3本 (朝昼晩)】

飲用前
2カ月以上風邪が治らず、病院の検査でも原因が分からない。知人の漢方医に相談したら、膠原病かもしれないと、薬を処方してくれたが効果はなかった。
 
飲用後
知人に『麗宝』を勧められ、飲み始めてすぐに疲れを感じなくなった。
1週間後には微熱も下がった。40才件進では異常なし。血液もきれいで若いと言われた。
風邪をひきやすかった息子にも『麗宝』を毎日飲ませ始めた。そうすると。熱があってもぐったりとせずに、とても元気で食欲が旺盛のままだった。いつの間にか学校でインフルエンザが流行っていても風邪を引かなくなっていた。

女性 70才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
数年前に転んで腰を痛めてから右足がしびれている。
メニエル氏病のために左耳が聞こえなくなってきた。
 
飲用後
『麗宝』を飲用してからは、腰の痛みが無くなって、足のしびれも感じなくなった。以前は体のあちこちが痛くて家事も満足にできなかったが、今は散歩ができるほどに良くなった。 左耳も聴力もそれほど悪くなってないし、時々していた耳鳴りがあまりしなくなっている。

男性 56才 【1日量:朝夕2回 点滴1本(800ml)に麗宝20ccの割合で混合 ※主治医承諾のうえで実施】

飲用前
喉が腫れ、呼吸が苦しく、食事が飲み込めなくなった。
14年前に胃と食道の大手術を受けたが、その再発ガンと言われ、余命1カ月の宣告を受けた。
即入院となったが、激痛が続き、座薬の痛み止めを1日10回も使うこともあった。
尿の出が悪くなり、足が象のようにパンパンに浮腫んでいた。本人の意思で抗がん剤は使わず、意識がおかしくなるからとモルヒネも一切拒否した。
 
飲用後
気管切開したので主治医と相談し、他に現代医学では治療法はないから、可能性があるならやってみましょう、と点滴液に『麗宝』を混合して体内に入れてみる方法をとった。
点滴開始後3日目に尿量が増えて足の浮腫みが無くなってきた。痛みも和らぎ、座薬は1日3回程度に減った。10日後には座薬を使わなくて済むほど楽になってきた。
2ヵ月半後、永眠したが、ほとんど苦しまず、安らかな寝顔だった。

女性 52才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
毎年春になると花粉症でつらい。また、血圧が155/90と高いので薬を飲んでいるが、食事は塩分を減らし、肉類を減らすように気をつけてきた。
 
飲用後
『麗宝』を1本飲んだ翌朝、目覚めが非常に良かった。その後も継続して飲用すると、今年の春はくしゃみ、鼻水、鼻づまりが全然なくて快適だった。 血圧も135/85まで下がった。

女性 26才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
いつも肌がガサガサしている。ダイエットは特にしていない。
 
飲用後
飲用一カ月を過ぎた頃から肌がスベスベになってきた。食事制限なしに2カ月で4kg痩せた。

男性 70才 【1日量:麗宝 4本】

飲用前
ひどく疲れ、食べてもすぐに嘔吐してしまう。病院に行ったら即入院させられた。診断は「肝硬変」それもかなり悪いという。
 
飲用後
主治医の了解を得て『麗宝』を1日朝夕に2本ずつ飲用した。
10日後、体の倦怠感がなくなり、食欲がでてきた。日毎に元気になり、2カ月も経たないうちに血液検査は正常になったため退院した。

女性 72才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
ちょっと動くと動悸がする。足の付け根が冷えて、指先は氷のように冷たい。
 
飲用後
1カ月もすると体が軽くなる。
2カ月後には動悸がほとんどなくなり、足の冷えもなくなった。

女性 28才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
脾臓が腫れて、時折り激しい腹痛に襲われ、何時間か動けなくなった。また、仕事が忙しくて睡眠時間が短いため、寝付きも悪く、メラトニンを常用していた。
 
飲用後
脾臓の痛みがなくなった。メラトニンはちょうど無くなったので『麗宝』だけを飲んでいても寝付きが良い状態が続いてぐっすりと眠れた。

女性 54才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
激しい動悸や頭痛、めまい、のぼせ感があり、毎日すっきりしない。
 
飲用後
1ヵ月ほどで全ての症状が解消した。

女性 59才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
血圧が不安定。数年前に鼻血が出た。血圧が上がったためで、頭ではなく鼻で血管が切れたからよかったと言われ、それから血圧の薬を飲むようになった。
ただ、副作用だと思うが、心臓と腎臓が検査で弱くなってきていた。
 
飲用後
『麗宝』を飲んでほぼ1カ月で血圧は安定(130-70)。
体のだるさもなくなり、医者の薬を止めてしばらく経つが、血圧はずっと安定している。

女性 57才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
中性脂肪が600、朝起きるときがつらく、毎朝吐き気がする。
 
飲用後
『麗宝』を飲んで、次の検査では中性脂肪が360まで下がった。その後も順調に下がり、4カ月目には正常になった。
朝の目覚めが良くて、吐き気はいつの間にか忘れていた。

女性 44才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
20数年前(結婚前)に機械に挟まって左の人差し指の爪が真っ黒になったまま。
 
飲用後
『麗宝』を1日2本ずつ飲んで1ヵ月半を過ぎた時に、ずーと黒かった爪がピンク色に変わっていたことに気付いた。

男性 69才 【1日量:麗宝 1本】

飲用前
足と腰は神経痛、首は寝返りを打つとあまりの痛みで飛び上がるほど。
 
飲用後
飲用後、3日目には足が軽くなった。
2週間もすると、首の痛みが取れた。うそのように良くなってくるので、3日に1回程度に間隔を広げて飲んでいた。寒くなると痛んでいた足腰もまったく痛まなくなった。

女性 35才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
やっと念願の赤ちゃんを授かって喜んでいたが、先生から、「大きな子宮筋腫が圧迫していて流産しかかっている。1週間は安静にするように」と言われた。不安だったが特に痛みはない。
 
飲用後
筋腫がある場合はつわりがひどいと聞いていた『麗宝』の全くなし。
その後の経過は順調で、7カ月目にすこし浮腫みが出てきたが問題なし。
予定日より少し早く出産。元気な男の子で珠のようなきれいな肌をしているのは『麗宝』のせいかと話している。子宮筋腫はそのままにしてしばらく様子を見ましょうと先生に言われ、すでに5年が経っている。

女性 35才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
自律神経の働きが悪く、動悸、不眠、高血圧のため精神安定剤をもらって飲んでいた。
冷房に当たると背中が痛んだ。
 
飲用後
2週間ほどで良く眠れるようになり、動悸もしなくなった。
精神的にも安定したので安定剤を止めた。肌もきれいになってきた。また、冷房に当たっても背中が痛まなくなった。
顔がすっきりして痩せたね、と最近友人に良く言われる。

男性 53才 【1日量:麗宝 3本 (朝2本、夜1本)】

飲用前
食事の時に喉につかえる感じがして気になっていた。あるとき吐血したので入院検査を受けることになった。
結果、食道ガンが見つかった
手術を拒否し、入退院を繰り返していた。喉のつかえ感は無くならないので、ぬるいお茶で食事を流し込んでいた。
薬の副作用のためか、体がだるく食欲がない。
 
飲用後
『麗宝』を飲み始めてから、体調が良くなり、食欲が増加して良く眠れるようになった。
喉のつかえ感もなくなって、普通に飲み食べができるようになった。
その後入院したが時に、「ガンが見つかった時は余命3、4カ月という診断だった」と後で聞かされ、驚いた。
吐血から1年以上経っているが今も元気である。

女性 72才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
毎年夏バテする。そういうときは、食欲がなく元気がない。
寝付きも悪い。
 
飲用後
食欲が旺盛になり、体力がついてきたことが自覚できる。
寝付きも良くなった。

女性 69才 【1日量:麗宝 3本 (朝昼晩)】

飲用前
下腹部の激痛。便秘、血便が出る。精密検査の結果、卵巣ガン(鶏卵大)の疑いがあると入院。内視鏡手術で細胞を取り病理検査をしたところ、良性の腫瘍だった。
 
飲用後
入院中に主治医の了解を得て飲用する。
痛みは翌日にはなくなった。
3週間後には鶏卵大だった腫瘍(良性)は、小指の先ほどにまで縮小し、主治医が驚いた。

男性 68才 【1日量:麗宝 3本 (朝昼晩)】

飲用前
週3回、1回4時間の人工透析。全身が褐色で手の甲に大きな老年斑。
駅の階段や坂も、休み休み昇る。
血中へマトクリットが正常の人の半分しかない。
 
飲用後
3週間ほどで皮膚の色が肌色になる。階段を昇るのも立ち止まって休むことがなくなった。
2カ月後には手の甲のシミも小さくなった。また、へマトクリット値がほぼ正常になる。

男児 5才 女児 3才 【1日量:麗宝 1本】

飲用前
お兄ちゃんが先に罹り、そのあと妹にも移った。
 
飲用後
『麗宝』を1日1本ずつ牛乳に混ぜて飲ませた。
3日目には水痘が減り始めた。
4日目は跡が薄くなり始めた。
1週間後に掛かり付けの先生に診てもらったら、「治って1カ月以上経っているようですから心配いりませんね」と言われて、あれっって思った。

女性 56才 【1日量:麗宝 2本】

飲用前
寝付きは良いが夜中に目を覚ます。ガサガサ肌
 
飲用後
夜中に起きることがなくなった。
睡眠時間が短くても目覚めはすっきりしている。
しっとりとした肌になった。

男性 46才 【1日量:麗宝 1本 (コップ1杯の水に薄めて)】

飲用前
精力が低下し、スタミナドリンクをいろいろ試したが効果はあまり感じない。
 
飲用後
自分は普通の人よりも敏感に反応するが、『麗宝』の瓶を持った瞬間に、「これはすごい」と感じた。
初め1本飲もうと思ったがパワーがあるのでコップ1杯の水に3、4滴入れて飲んだだけでも効果がすぐに体感できた。

男性 62才 【1日量:2本】

飲用前
排尿に4分以上掛かることがある。
 
飲用後
『麗宝』を飲用してからは排尿がスムーズになった。身体も軽く感じ、疲れにくくなった。

男性 69才 【1日量:1本】

飲用前
全身、特に足腰の痛みがあって両足は痺れがある。また、足はいつも氷のように冷たい。
 
飲用後
最初の1ヶ月は変化を感じなかったが、2ヶ月目には両足の痺れと冷えは感じなくなった。

女性 56才 【1日量:3本】

飲用前
背中から腕にかけて激痛がある。痛み止めの薬も効果なし抗ガン剤の副作用でとても苦しい。
 
飲用後
朝昼晩に1本ずつ『麗宝』を飲む。1ヵ月を経過した頃から身体のだるさが無くなった。痛みは軽減し、以前に比べても格段に楽になり、家事ができるまで元気になった。

女性 76才 【1日量:2本】

飲用前
1年半前から夜中に徘徊したり、ごはんのジャーの中に用を足したりするようになった。孫を見て娘の名前を呼んだりした。
 
飲用後
3ヶ月後には徘徊しなくなった。そして記憶がしっかりとしてきた。孫と娘が区別できるようになり、半年過ぎたころには完全に正常な状態に戻った。

女性 40才 【1日量:2本】

飲用前
直腸ガンを手術で取ったが癒着したため再手術。その後大腸にもガンが見つかり、合計4回も手術を受ける。人工肛門のため慢性的な下痢。抗ガン剤の副作用で脱毛、吐き気、倦怠感に悩む。
 
飲用後
『麗宝』を飲用してからは、どんどん身体の調子が良くなり、吐き気が消え食欲が出てきた。下痢も徐々に良くなる。顔色も土色だったがピンク色になってきた。2ヶ月目には髪の毛が目に見えて増えてきた。

女性 62才 【1日量:2本】

飲用前
足の親指の付け根だけでなく他の指や膝まで痛み、歩くのも辛かった。
 
飲用後
1週間ほどで痛みが和らぎ、3週間目には痛みが無くなった。尿の出も良くなり体が軽くなった。

男性 53才 【1日量:3本】

飲用前
10年以上前から薬を飲んでいるが、血糖値は200以下になったことは今まで一度も無い。
 
飲用後
飲み始めて一週間後の定期検査では118に下がった。その後はずっと110前後を維持している。体調も良く、疲れを感じにくくなった。

女性 76才 【1日量:2本】

飲用前
糖尿病が長く、神経痛もひどいため、寝たきりの状態。
 
飲用後
2週間目には自分の身の回りのことができるほど、元気になった。

男性 51才 【1日量:2本】

飲用前
9年前に軽い脳梗塞になり、それからは頭がいつも重く、すっきりしない。
 
飲用後
2週間位で頭がすっきりしてきた。目覚めも良く、疲れにくくなった。

男性 55才 【1日量:2本】

飲用前
ちょっと飲み過ぎたかなと思うと必ず翌日は頭痛と吐き気がひどく、下痢もする。
 
飲用後
飲む前に予め2本麗宝を飲んでからお酒を飲みはじめた。明日はつらいだろうなと思うほど飲んだが、頭痛も吐き気も下痢もしなくなった。

男性 57才 【1日量:8本 (朝4本、夜4本)】

飲用前
脳梗塞で倒れ、一命は取り止めたが、半身が動かなくなった。
 
飲用後
入院中に『麗宝』をがぶ飲みして、3週間ごろに、今まで動かなかった手足が動くようになった。CT検査では脳梗塞の痕跡が消えてしまったと、先生が驚いている。

男性 51才 【1日量:4本 (朝晩2本ずつ) 】

飲用前
3年前に定期検査で肺ガンが見つかり、放射線と化学療法を受けたが、数ヶ月後はリンパ節に、そして脳(8ヶ所)に転移。モルヒネの大量投与のため、神経が麻痺し、病院のベッドで寝たきり状態。
 
飲用後
『麗宝』を飲みはじめて3日目に、今日は気分が良い、と言って手すりに捕まりながら歩き、その後車椅子で入院後始めて外を散歩した。1ヶ月後のCT検査で腫瘍が縮小したため、外泊許可が下り、何年かぶりに自宅に戻って自力で風呂に入ることができた。そして1年後、苦しむことなく永眠した。

女性 14才 【1日量:4~5本 (朝昼晩)】

飲用前
白血球が減少するために、極端に抵抗力が低下し、ちょっとしたことで肺炎になる。抗ガン剤の副作用が強く、一度中止したがすぐに状況が悪化したため再開。副作用と闘っている。
 
飲用後
徐々に抗がん剤の副作用が軽くなってきた。2ヵ月目からは1日2本ずつに減らし、体調が優れないときには3本飲むようにしている。以前より元気になり、状態は安定している。

男性 68才 【1日量:2本飲用 + 点眼数滴】

飲用前
白内障が進行し、手術するように主治医に勧められた。
 
飲用後
真珠は目にも良いと聞いたので点眼したところ、目のかすみが日ごとに良くなり、新聞を読んでも目が疲れなくなった。眼科で診てもらうと手術する必要はないと言われ、天にも上る気持ちだった。

男性 70才 【1日量:2本】

飲用前
脳卒中の後遺症で半身麻痺、痛みも感じない。腕には老年斑(シミ)がいくつもあった。
 
飲用後
2週間位で感覚の無かった腕にシビレを感じるようになった。2ヶ月後には杖を使わずに一人で歩行訓練が出来るまでになった。カサブタが取れるようにポロッと取れ、その跡は真白な肌が現れた。

女性 44才 【1日量:最初2本、途中から1本】

飲用前
プレドニン(ステロイド剤)の大量投与と検査のために入退院を繰り返している。食欲がなく、身体がだるい。
 
飲用後
同じ病気で入院している人たちは全員糖尿病(プレドニンの副作用のため)になっているが私一人だけは正常。はじめ2本ずつ飲んだが低血糖になってしまったため1本ずつ飲用。身体のだるさもなく元気。

男性 36才 【1日量:2本】

飲用前
平均体重12kgオーバー。不規則な生活のため、顔中に吹き出物があった。
 
飲用後
1週間ほどで目覚めが良くなり、短時間の睡眠でもすっきりしていた。食生活は特に変えていないのに、体重が73kg(以前は82kg)になり、ウェストが6cmも細くなった。吹き出物も消えて、肌がきれいになった。

女性 41才 【1日量:2本】

飲用前
2ヶ月ほど37度前後の微熱が続き、大学病院で検査を受けたが原因不明。病院からもらった薬を飲んだが効果無し。子供が風邪を引きやすく、熱も38.5度以上になることが多かった。
 
飲用後
すぐに疲れにくくなったことが自覚できた。2週間目には熱が下がり身体がすっきりした。寝付きが良くなって便秘も解消して食欲が出てきた。子供は風邪を引きにくくなった。たとえ風邪を引いても以前のように熱は高くならない。

女性 76才 【1日量:2本】

飲用前
膝が痛く、病院の先生には歳のせいだから仕方がないと言われた。
 
飲用後
『麗宝』を飲み始めて3週間ほどで膝の痛みが弱くなってきた。足腰も軽く、歩くことが苦にならなくなった。

女性 49才 【1日量:3本】

飲用前
不正出血があり、腹痛と腰痛を伴った。
 
飲用後
朝『麗宝』を飲んで午後から出血は少なくなって腹痛は治まり、翌日にはほとんど止まった。腰痛も軽減。4日目には腰痛も解消した。その後不正出血はなし。

女性 26才 【1日量:3本 (朝2本、夜1本)】

飲用前
超多忙の毎日のため、睡眠時間が短く熟睡できない。夜、お腹が痛み始めると長い時には7~8時間も痛みが治まらないことがあった。
 
飲用後
短時間でもぐっすりと眠ることができ、目覚めがすごく良くなった。脾臓肥大の痛みも軽くなり、すぐに治まるようになった。友人には、あまりの変化に"別人みたい"と言われている。

女性 41才 【1日量:2本】

飲用前
息子さん(高校生)・毎年冬は必ず風邪を引いていた。学力は学年で10番前後。73才の母親がどもりはじめ、物忘れが激しくなってきた。
 
飲用後
巷でインフルエンザが流行っていたときでも風邪を引かなかった。学力は、飲み始めた当月が2番、翌月が2番、そして3ヶ月後は1番になった。母親は、1ヶ月半ほどで、どもらなくなり、以前の母親にもどった。

男児 11才 【1日量:1本】

飲用前
小さい頃アトピー体質だったが幼稚園に行く頃には治ったが、最近、じんましんが毎日現れるようになった。とにかく痒い。
 
飲用後
『麗宝』を飲んで3日目の朝には蕁麻疹が現れなくなった。その後もずっと蕁麻疹はない。

女性 56才 【1日量:朝2本】

飲用前
5日に1回程度の便秘で、いろんな便秘薬を飲んだが、どれも腹痛を伴った。
 
飲用後
毎日規則正しく排便がある。腹痛は無し。時には1日に3回あることもある。

男性58才 【1日量:2本】

飲用前
1年半前に大腸癌の手術を受け、その後肝臓に転移。H.9.4月に再手術したが取りきれず、余命7ヶ月と宣告(本人には未告知)された。放射線治療や抗ガン剤などは一切なし。
 
飲用後
H.9.8月初旬より『麗宝』飲用開始。家族旅行も今回が最後かもしれないと全員で北海道に出掛けたが、本人が一番元気だった。その後、体重が増えて顔色が良くなり、畑仕事をするほどに快復した。11月になっても悪化する事もなく具合は良い。12月に血液検査を受けたが免疫活性検査では、NK細胞、IFN-γ、などが基準値を遙かに上回る数値で、担当医が何千人も診た中で2番目だと驚いていた。H.11.3月の定期検査では腫瘍が消失した。

男性 43才 【1日量:1本】

飲用前
以前はそうでもなかったが、仕事が忙しく疲れが溜まっているせいか、目覚めが悪く、なかなか起き上がれない。
 
飲用後
目覚めが爽やかですっきりしている。短時間でも熟睡しているようで、とても快調である。

男児 11才 【1日量:1本】

飲用前
小学校に通うようになれば自然と治ると思っていたが、喘息も夜尿症も治らない。
 
飲用後
3週間ほどで喘息の発作が無くなった。2ヶ月後には夜尿症もなくなり、大変喜んでいる。

女性 33才 【1日量:3本】

飲用前
既往症で5年前に腎盂腎炎、ギランバレー症候群などに罹り体調が悪化。ピアノの講師をしていて指が思うように動かないどころか、関節の痛みがひどいので困っていた。
 
飲用後
1日3本ずつ『麗宝』を飲んでから10日目で身体が変化してきた。痛みがなくなって無理なく動けるようになった。ピアノも普通に弾けるようになったので今まで通りに仕事ができるようになった。

男性 69才 【1日量:4本 (朝晩2本ずつ) 】

飲用前
C型肝炎で通院。定期検査で膵臓ガンを発見、すでに手遅れで余命2ヶ月と宣告される。
 
飲用後
身体の痛みとだるさが軽減してきた。2週間後の検診で骨髄に転移が見つかり、5ヵ月後に臨終。断末魔は全く無く、眠るように安らかに永眠した。
麗宝保健品製造株式会社
〒146-0094
東京都大田区東矢口3-30-12 祥明ビル
TEL.03-5713-0155
FAX.03-5713-0188
1.【貿易】〈輸出〉健康食品、健康飲料、原材料及び容器資材等 〈輸入〉健康食品、健康飲料、清涼飲料水、加工食品等
2.【製造】健康食品、健康飲料、清涼飲料水、加工食品、医薬部外品、 及び上記製品の受託製造
TOPへ戻る