ドライバーを驚かせた! ・・・「ラップタイム 4.85秒/周」短縮


国際規格サーキット「ツインリンク もてぎ」のロードコースにおいて、「ナノワークス」を用いた実車走行試験が実施されました。

試験車両はレーシングカート(ヤマハYZ−80・6速ミッション、2サイクルエンジン)。

レーシングカートのミッション・燃料タンクに「ナノワークス」を投入し、「ラップタイム」、「レスポンス」、「エンジンの吹け上がり」など、「ナノワークス使用前後の評価」を行いました。

その結果、「ラップタイムが 4.85秒/周( 3.17%)も短縮」され、他にも「ナノワークス」に よる著しい効果が認められました。

以下、そのレポートです。

















試験車両





レーシングカート





ページトップへ



















試験コース


 ロードコース


ページトップへ











試験結果(ラップタイム)


ラップタイムのグラフ


ページトップへ










インプレッション


ドライバーの印象






ページトップへ




エンドバー