軽自動車規格車輛だけの耐久レース「K4GP」に初参戦!

2016年8月15日。場所は富士スピードウェイ。
チーム・モロカゲ走行会の5人のドライバーとスタッフが5時間500kmの耐久レースに臨みました。
炎天下の耐久になるのかと心配していましたが、明け方から雨模様の富士SWでした。スタート間際には晴れ間も見え、路面が乾き始め、いいコンディションでした )^o^(





参加車輌は77台。13時ちょうどにスタートし、18時のチェッカーでゴールしました。
優勝チームは105周。我が「チームモロカゲ・アルト」は94周を無事完走しました。
各ドライバーは燃費を気にしつつ1台でも前へと走りました。最終ドライバーの高野氏は温存された燃料計を確認してフルアクセル!! 12台をぶっちぎりました。
結果は、クラス18位! 総合順位30位!! 初参戦にしては大健闘の夏の一日でした。
皆さん、お疲れさまでした〜〜\(^o^)/


「チームモロカゲ・アルト」富士スピードウェイを走る!


◆富士スピードウェイにて

富士スピードウェイ


◆No.20ピットで出走を待つ「チームモロカゲ・アルト」 

耐久のために用意しレース仕様に改造したスズキ・アルト。「ナノワークス」処理も完了!
5人のドライバーが約1時間ごとに交代し、1周4,563kmのコースを約100周走ります。
隣のピットには、あのカーデザイナー・由良卓也氏のチーム「ゆらたく屋」



初参戦のために用意したレース仕様に改造したスズキ・アルト。「ナノワークス」処理も完了!
レース前の最終点検

ドライバーはブルーのバケットシートに黄色の4点フルハーネスでがっちりと固定   車内は軽量化のためカーペットも助手席もすべて取り外し、ロールバーで補強
ドライバーはブルーのバケットシートに黄色の4点フルハーネスでがっちりと固定。

車内は軽量化のためカーペットも助手席もすべて取り外し、ロールバーで補強。



◆スタートグリッドに並ぶ「チームモロカゲ・アルト」No.996(中央銀色)


スタートグリッドに並ぶ参加車輛(中央銀色の「チームモロカゲ・アルト」No.996


◆規程の燃料は40リットル。これで5時間を走り切る。
 燃費の悪い車はガス欠でリタイアとなるが、「チームモロカゲ・アルト」は
 「ナノワークスA−1」によりアクセル全開でも燃費は心配なし!


燃料は厳密に給油される!
燃料は厳密に給油される。限られた燃料なので、給油ポイントからピットまでの移動は、
数人で手押ししたり、別の車にけん引させたり、各チームごとに工夫していました。


ページトップへ


「チームモロカゲ・アルト」 耐久初参戦で完走!

    「チームモロカゲ」に協賛する各社!
   

協賛協力会社




◆コントロールピットにてラップタイム計測中

  コントロールピット
次々と液晶ディスプレイにラップタイムが表示されるコントロールピットから、ドライバーと無線交信し、車のコンディションを確認しながらペース配分を連絡します。

 



  2016夏K4GP500km耐久レースの詳細は次のとおりでした。

   ◆◆◆ LAP
::::::::::::: 94周
   ◆◆◆ Finish Time ::::: 5:02'38.482
   ◆◆◆ Ave. km/h ::::::: 84.975km/h
   ◆◆◆ Best Time ::::::: 2'50.189

   ◆◆◆ 順位 :::::::::::: GP-2クラス=18位 総合=30位

 

チームモロカゲ

チームモロカゲのすてきな仲間たち

 

ページトップへ

end-bar

サイトマップ