Q&A

Q 1 .
ナノワークスA−1、D−1、D−2とありますが、それぞれ中身は同じなのでしょうか?
A .
ナノワークスA−1、D−1、D−2の内容成分は全く同じものです。
ただし、D−1、D−2はディーゼル車用に「配合割合、粒子サイズ」を調整しています。
ナノワークスA−1(100ml) : 乗用車全般
(乗用車(全車種)、軽自動車(全車種)、バイク(750cc以上)は
 1本使用、バイク(750cc未満)は1/2本使用)
ナノワークスD−1(250ml) : トラック、バス中小型用
(ディーゼルエンジン車用、最大積載量4tまでの車両)
ナノワークスD−2(500ml) : トラック、バス大型用
(ディーゼルエンジン車用、最大積載量4t超の車両)
 > 前のページへ戻る
Q 2 .
ホンダNSXですが、エンジンのシリンダーライナーは鋳鉄ではなく、FRM(繊維強化金属)を用いています。このようなエンジンでも問題なくナノワークスを使用できますか?
A .
ホンダNSXについては、ナノワークスの使用実績があり、その効果を確認しております。
エンジンにおける問題発生も全くありませんでした。
NSXを所有しているお客様が、無改造NSXのみのレースに参戦しております。
NSXのエンジンオイルにナノワークスを使用してからはエンジンの吹け上がり、加速が大変良くなり、使用前より良い成績を維持している、との報告をいただいております。
 > 前のページへ戻る
Q 3 .
ナノワークスは、モータースポーツユース(高回転、高負荷)にも耐え得るものなのでしょうか?
A .
ナノワークスが金属摩擦面に作用すると平均10ナノレベルの平滑鏡面を形成し、その表面硬度も平均10%向上します。従って、高回転、高負荷のモータースポーツユースに十分耐えられるものであるのみならず、一層の性能向上が期待出来ます。一例をあげますと、バイクのエンジンは車と比較すると遥かに高回転です。そのバイクのレースに参加している複数の選手がナノワークスを使用してくれています。いずれの選手の方もマイナス面に言及する方はなく、プラス面を報告してくれました。「従来と比較すると、走りすぎる!としか言えない。」と言う方もいらっしゃいました。ナノワークスが、その効果を発揮するには原理上から言っても、かえって高回転、高負荷の方がその効果は出易いとも言えます。
 > 前のページへ戻る
Q 4 .
ナノワークスをエンジンオイルに添加し良い結果が出たのですが、ミッション、デフにも使えるのでしょうか?使えるとしたら、その添加量はどのくらいでしょうか?
A .
ミッション、デフにもナノワークスは効果を発揮します。
使用量は、ミッション、およびデフともに、ナノワークスA−1(100ml)1本の1/2量をご使用ください。
ミッション、およびデフの環境がエンジン内ほど過酷ではない為、少量で済みます。
 > 前のページへ戻る
Q 5 .
ナノワークスはハイブリット車にも使用できますか?
A .
はい、使用出来ます。
ナノワークスをハイブリット車のエンジン内に投入することにより、通常のガソリン車と全く同様に、燃費・加速性能・馬力・トルクが向上します。また、エンジン振動も減衰するため静粛性が向上すると共に排気ガスもクリーン化します。
 > 前のページへ戻る
Q 6 .
ナノワークス投入後のオイル交換のタイミングを教えてください。
A .
初回ナノワークス投入後、少なくとも約2,000km走行まではナノワークスが作用して、エンジン摺動面の改質が進行します。従って、初めてナノワークスを投入してから約2,000km走行まではオイル交換をしないことをお勧めしています。なお、初回投入時はエンジンオイル交換も同時に行うと更に効果が発揮されます。又、現代の車の性能を考えると、各自動車メーカーも勧めていますように10,000km位まではオイル交換しなくてもエンジンに悪影響は無いものと思います。
そして、10,000km〜15,000km毎のオイル交換時に新たにナノワークスをご使用いただければ、エンジンはベストの状態を保ち続けることが出来ます。
 > 前のページへ戻る
Q 7 .
ナノワークス投入後、何万kmくらい効果はありますか?
A .
ナノワークス投入後、約10,000kmは効果が持続できます。しかしながら、車の運転の方法(エンジンを酷使するか、普通の運転をするか等)により、又、エンジンの種類により多少の差は見られます。
 > 前のページへ戻る
Q 8 .
オイル交換しても効果は持続しますか?
A .
持続します。
ナノワークスをエンジンオイルに投入することにより、エンジン摺動面とナノワークスが作用してエンジン摺動面がナノレベルの平滑鏡面になります。このエンジン摺動面の改質により効果が発揮されます。その為、オイル交換後も当然のことながら効果は持続します。
 > 前のページへ戻る
Q 9 .
オイル交換時にナノワークスの投入は必要でしょうか?
A .
オイル交換と同時にナノワークスの投入をお勧めします。
ナノワークスが作用したエンジンは、オイル交換後もナノワークスの効果は持続しますが、その後のエンジン稼働による経時変化により、エンジン摺動面は穏やかに劣化していきます。オイル交換と同時に新たにナノワークスを投入いただければ、ナノワークスの自己修復作用によりエンジン摺動面の劣化部の修復が行なわれ、エンジンはベストの状態を保ち続けることが出来ます。
 > 前のページへ戻る
Q10 .
ナノワークスを入手したいのですが、どこで買えるのでしょうか?
A .
ただいま輸出用容器に日本語表示ラベルを貼った簡易包装タイプの「Aー1」を販売しております。詳細はメール・ファックス・お電話等で当社までお問い合わせください。お客様の近くの取扱店をお知らせすることも可能です。また、Webサイトの商品案内のページから購入画面に進まれて購入することもできるほか、電話・ファックス・メールでもご注文を承っております。
URL : http://nanoworks.shop-pro.jp/
E-mail : webmaster2@leihoh.co.jp
TEL : 0120-55-8826 (フリーダイヤル)
FAX : 03−5713−0188
 > 前のページへ戻る
Q11 .
ナノワークスの販売を希望しますが、どこに問い合わせれば良いのでしょうか?
A .
ナノワークスの販売を希望されるお店様および企業の方は、メール・ファックス・お電話等で当社にお問い合わせください。
E-mail : b-trust@leihoh.co.jp
TEL : 03−6825−7000(代表)
FAX : 03−5713−0188
 > 前のページへ戻る
Q12 .
ナノワークスの安全性について教えてください。
A .
ナノワークスは、天然素材由来の無公害な微粉体を、潤滑油に添加したものです。
ナノワークスは、化学物質排出把握管理促進法に基づいたMSDS(注)によりその安全性を確認しております。
又、ナノワークスを車に使用した場合の安全性については、多くの実車走行及び試験評価で安全性に問題ないことを確認しております。
更に、今まで購入頂いたお客様から、安全性に関する問題は一切指摘されておりません。
以上、ご説明しました通りナノワークスはご安心してお使い頂けるものですが、PL保険(賠償責任保険)に加入し補償体制も整えています。
(注)MSDS:Material Safety Data Sheet(化学物質等安全データシート)
 > 前のページへ戻る
Q13 .
ナノワークスはどの様なメカニズムで、効果を発揮するのでしょうか?
A .
ナノワークスが金属摺動面に作用すると、摺動する金属表面に耐久性のある、摩擦抵抗の少ない、極めて平滑な合金層(加工変質層)が形成されます。この合金層が効果を発揮してくれる基となります。
この合金層が金属摺動面(エンジンの場合は“ピストンとシリンダー摺動面”)の摩擦抵抗を減少させ、金属摺動面の動きが負荷の少ないスムーズな動きになります。エンジンの場合、ピストンとシリンダーの動きが負荷の少ないスムーズで効率的な動きとなり、結果として燃費性能の大幅アップ、排気ガスのクリーン化、加速性能アップ、馬力・トルクアップ、エンジンノイズ・振動の低減、エンジン寿命伸長などの効果を発揮します。
さらに、関連のご説明は当サイトの技術紹介でもご覧に頂けます。ご参照ください。
 > 前のページへ戻る
Q14 .
ナノワークスは、バイクにも使えるのでしょうか?
A .
Q3でもご説明したようにナノワークスはバイクにも使えます。
バイクの総排気量に対し、下記量のナノワークスをご使用ください。
総排気量 750cc未満 : ナノワークスA−1(50ml)  1/2量
総排気量 750cc以上 : ナノワークスA−1(100ml) 1本
筑波サーキットにおいて、7台のバイクにナノワークスを使用し、その効果を確認しております。その結果、「ミッションが滑らかになった。」、「トルクの谷が減少した。」、「低速・中速トルクが向上した。」、「メカノイズが減少した。」、「4,000〜5,000回転時の振動が減少した。」など7台のバイクすべてに何らかの効果が認められました。是非、試してみてください。
 > 前のページへ戻る
Q15 .
ナノワークスによる燃費改善はどの程度でしょうか?
A .
ナノワークスを乗用車、トラックに使用すると、燃費の大幅な改善が期待できます。
過去に実施した実車走行評価(N=36台)の結果では、5%〜38%の燃費改善が認められています。
ただし、高速道路・自動専用道路・地方道路などスムーズな巡航走行を行える環境では、大幅な燃費改善効果が期待できますが、走行時間より信号や渋滞などで止まっている時間が長いような市街地走行では、燃費改善効果は減少します。また、燃費は車種・年式・使用状況・整備状況により異なり、オーバーヒート歴のあるエンジン及びロータリーエンジンには効果がみられない事があります。
 > 前のページへ戻る
Q16 .
ナノワークスの成分はどのようなものでしょうか?
A .
ナノワークスは特定の天然鉱物から機能性を有する組成部分のみを選鉱し、精密な過程を経て規格粒度(ミクロンオーダ)までに加工した粉体を潤滑油基油(不純物を含有しないピュアオイル)に添加したものです。
 > 前のページへ戻る
Q17 .
ナノワークス使用前に、エンジンオイルを交換した方が良いのですか? また、フラッシングについてはどうですか?
A .

エンジンオイルの汚れ(劣化)が激しいときは交換してください。
エンジンオイルの汚れが進んでいると、ナノワークスによる金属摺動面の加工変質層が形成され難くなります。ナノワークスの効果を十分発揮する為には、ナノワークス使用前にエンジンオイルの交換をお薦めします。できましたら、激安オイルではなく、ある程度の洗浄作用のあるオイルをお使いください。

また、フラッシングについてはあまりお勧めしません(特にターボなどの過給機付エンジンはやらない方が無難です)。オイル管理の行き届いたエンジンなら大丈夫だと思いますが、そうでない場合、長期にわたってエンジン内壁に堆積した汚れが剥離し、オイルラインで目詰まりを起こした場合、エンジン故障に繋がる可能性があります。このケースでは、当社の補償外となりますのでよろしくお願いいたします。

 > 前のページへ戻る
Q18 .
ナノワークスはどこで開発されたのですか?又、特許はあるのですか?
A .

ナノワークスは、地球環境保護を目標に、長期にわたる鋭意なる研究のすえに開発されたもので、「早稲田大学・理工学術院総合研究所」発の技術を基に作られた製品です。そして、その技術は「世界特許」として登録されています。

 > 前のページへ戻る
Q19 .
ナノワークスは、本当に効果があるのでしょうか?
A .
ナノワークスはいろいろな実証データによりその効果が認められています。ナノワークスを車に使用することにより、燃費性能アップ、加速性のアップ、馬力・トルクアップ、エンジンノイズ低減、圧縮比回復、排気ガスのクリーン化、エンジン寿命伸長など多くの効果が確認されています。
詳細は、当社サイトの技術紹介実車走行試験レポート“ナノワークスは限界を超えられるか!”体験談をご覧ください。
是非、一度ナノワークスをお試し頂き、その効果を実感してください。
 > 前のページへ戻る
Q20 .
ナノワークスの価格が高いような気がします。
A .
ナノワークスA−1:6,174円(税込)が高いと感じられるか、お得な価格と思われるか?燃費改善による費用削減効果を試算すると、下記の通りとなります。
・通勤車の場合(走行距離:10,200km/年、燃費改善率:16.6%、燃料単価:145.5円/L)
・年間費用削減:14,831円/年
・営業車の場合(走行距離:36,000km/年、燃費改善率:16.6%、燃料単価:145.5円/L)
・年間費用削減:52,345円/年
更に、ナノワークスの燃費改善による費用削減効果以外に、加速性能アップ、馬力・トルクアップ、エンジンノイズ削減、圧縮比回復、排気ガスのクリーン化、エンジン寿命伸長など多くの効果があります。
これらの効果を加えると、ナノワークスA−1の6,174円(税込)は、非常にお得な価格だと言えます。
 > 前のページへ戻る
Q21 .
大手メーカーのSN規格オイルに、ある添加剤を入れたらゲル状に固まってエンジンが壊れた記事を見たのですが、ナノワークスは大丈夫でしょうか? ナノワークスと相性の悪いエンジンオイルはありませんか?
A .
当社では、この問題を起こした●●●添加剤の情報を持っていないため詳細は解りません。ナノワークスでは、発売当初から数多くの車両で活用いただき、不具合を起こした車両は今日まで1台もありません。また、相性が悪かったオイルについても報告はありません。
基本的にナノワークスの本質である紛体は安定した物質ですし、オイルに溶解させた化学成分とは異なります。そして、ベースオイルはコスモ石油(ロットによっては出光石油)の高純度ベースオイルであり、この2種類のみで他には何も使っていません。 ゆえに、ナノワークスがコンタミネーション(沈殿物)を促進させることはほとんどないと考えております。
 > 前のページへ戻る

ページトップへ